日別: 2018年10月9日

第10回伊藤さとしカップ番外編

Published / by へら爺 / 第10回伊藤さとしカップ番外編 への2件のコメント

ブログに書くかどうか迷ったんですが、思い切って真実を書いちゃいます。(笑)

抽選賞の商品がお目当ての伊藤さとしカップ
過去、工房一成のお膳を当てたことがあります。

そろそろ、大物が欲しいと思っていて、抽選賞の商品を見てみると万力、お膳、シマノのロッドケース・・・
かなりの高額商品がありました。
贅沢は言わないので、せめてお膳だけでもという不純な考えがダメだったのか、オーナーの販促品詰め合わせが当たっちゃいました。(笑)

師匠は、ずっと欲しいと狙っていた邦ちゃん賞のシャインマスカットをゲット
そして、全ての参加者に抽選賞が行きわたり、これで、へら爺家の抽選賞の夢はついえたと思ったら・・・

最後の最後に大物が残っていました。
扶桑工房さん提供のシマノ嵐月の8尺

一度、抽選が終わった大会券を段ボールに戻して、138枚から選ばれた幸運な1枚は・・・

『愛好会の○○○○・・・さん』
おっ!
シマノ嵐月が当たっちゃった。

竿を受け取りに外に出ようとしたら、さとしさんと目が合って手をクロスさせてのバッテンマーク
だって、愛好会の○○○○って言ったじゃんっ!

と思ったら、シマノ嵐月をゲットしたのは、師匠の方でした。(笑)

さとしさんから竿を受け取って事務所に戻ってくる時、師匠に竿を持ってやるとストーカー行為をしている尾州のおじさまを発見
危うくおじさまに竿を奪われるとこでした。(爆)

景仙桔梗を使っている師匠
たまには、高級な竿を使うのもいいんじゃないかな。
嵐月のデビューは、清遊湖の三和へら研の例会かな。

師匠が当たって悔しくないのかって?
そりゃ、悔しいさっ!
爺が当たっていたらヤフオクで売って、独歩購入の軍資金にしたのに・・・(核爆)