日別: 2019年1月5日

2019年初釣り

Published / by へら爺 / コメントをどうぞ

今日は、昨年の納竿大会の傷を癒しに武蔵の池にやって来ました。

早く来ても、暗くてウキが見えないので、7時過ぎに武蔵の池に到着しました。
いくつかの例会と一般客で、中央桟橋の混雑度は8割程度
何か危険な匂いがする・・・

  

天気予報では、午後から北西の風が強くなるみたいだけど、その風を背に出来る場所はいっぱい
と言うことで、中央桟橋西向きの15番釣り座で釣りをすることにしました。

忘れ物がないように気をつけていたんだけど、師匠からのクリスマスプレゼントのダウンソックスを忘れ、足元が激寒状態

そんな寒さに耐えながら、釣りの準備が終了

■今日のタックル
竿:普天元独歩 12尺
ウキ:扶桑AR11番 PCムクトップ
ライン:ミチイ0.8号、ハリス上0.6号8cm、下0.3号50cm
ハリ:イザム上7号、下3号
エサ:粒戦50cc、細粒50cc、とろスイミー50cc、水150cc、段底300cc
クワセ:力玉漬け屋の力玉ハードⅢさなぎ漬け(爆)

今日は、助さんの弟さんとおじさまも来ていて、助さんの弟さんの話によると段底は超危険らしい。
でも、段底の準備をしちゃったので、段底をするしかないよね。(笑)
一応、予定では、午前が段底で午後が浅ダナだからね。

しかし、助さんの弟さんが話すのと違いすぐにウキが動き始めた。
でも、ウキの動きが弱いんだよね。

ウキの戻しが悪く、エサ落ちメモリがなかなか出ないので、クワセを半分の大きさにして様子見
でも、イマイチなのでクワセを力玉大粒のさなぎ漬けに変更
この変更が良かったのか、エサ落ちメモリが出てツンッ!
凸回避でございます。

これで、納竿大会の傷も癒えたかな。(笑)

この後、ポツポツと釣れて、何とか4枚をゲット

一息入れるためにお茶を飲みながら、右側を見ると・・・
おぢさまが段底をしてるしっ!
しかも、釣れてる。

そう言えば、以前、俺の辞書には底釣りと言う文字はないって言ってなかったっけ?(爆)
今じゃ、段底が楽しくてしょうがないらしい。

爺は、今まで、段底=ウドン
と言う概念があったけど、力玉大粒のさなが漬けでも大丈夫なんだね。
苦労しながらも5枚目をゲット

10時過ぎにさとしさんが来て、爺の隣で釣りを始めました。
さとしさんと話すようになって数年、初めて隣で釣りをさせてもらいました。

ビックリしたのは、合わせ方
こんなあわせ方だから、細いラインでも大丈夫なんだね。
しかも、いろいろな話を聞けて楽しい時間でした。

さて、釣りの話に戻ると、数少ないアタリにあわせながら、12時までに7枚をゲット
これは、ツ抜けも夢じゃないと思ったら・・・

午後から、浅ダナをやろうとしたけど、さとしさん曰く、浅ダナも超危険らしい。
と言うことで、午後も段底を継続
しかし、全くウキが動きません。
と言うより、午前中と池の状況が変わったみたい。

下ハリスの這わせを少しづつ変えたり、クワセを2個付けしたりして、釣りを続けていくと・・・
なんとか、念願のツ抜け達成っ!

何で釣れたのかは良く分からないけど、昨年の傷が広がらず癒えたことだけで十分です。(笑)

来週は、武蔵の池愛好会の例会
1月は、総会があるから北桟橋なんだよね。
しかも、来週の木曜日に新べらが放流されるみたいなので、例会は、両グルの宙釣りかな。

それとも、浅ダナの抜きセット!?