カテゴリー: 武蔵の池

武蔵の池どん底大会

Published / by へら爺 / 武蔵の池どん底大会 への3件のコメント

大会券は買っていないんですがチョッと野暮用があり、武蔵の池にやって来ました。

今日は、中央桟橋を全部使っての段底大会
バラケを食ってきたへらぶなの計量はNG、クワセを食ってきたへらぶなだけで勝負をするマニアックな大会
爺の中では、変態どん底大会って言っているけどね。(爆)

釣り座が数席空いているけど、95%以上の混雑状況

  

武蔵の池は、12尺で底が取れるんだけど、殆どの人が12尺を出していると思うんだよね。
こんなんじゃ、超激渋決定だよね。

そんな中、昇天している人を発見しました。

まずは、助さん
毎年、優勝するぞと意気込んでいる助さん
愛好会の優勝スピーチの後に、絶対に優勝しますと豪語していたけど、昇天間近らしい。
おじさまの高笑いが聞こえてきそう・・・(爆)

そして、seuzouさんとRENさん
お二人の話を聞くと、かなり渋い状況らしい
でも、助さんのウキより、動いているかも・・・
seuzouさんから、30日のお誘いを受けましたが、イマイチ勇気がなくて・・・(激爆)

そんな中、愛好会のayakanaさんが、順調に竿を絞っていました。
と言うより、一番、コンスタントにウキが動いていたかな。

いろいろと話を聞いてみて、核心したことがありました。
それは・・・
今後も絶対に段底大会には出ないっ!(核爆)

そして、事務所に行くって、野暮用を一つこなしてきました。

それは、小嶋やからの力玉漬け作成依頼

今度こそ、力玉の購入からやらせてくれとお願いしようと思ったけど、今回も、言い出すことが出来ませんでした。(涙)

さて、もう一つの野暮用をこなしに行くか・・・

武蔵の池愛好会12月度例会

Published / by へら爺 / 武蔵の池愛好会12月度例会 への2件のコメント

昨日は、12月の第二土曜日
武蔵の池愛好会の最終例会に師匠と一緒に参加して来ました。

朝礼前に釣り座抽選
抽選の結果、爺が50番、師匠が51番釣り座になりました。

朝方は、そんなに冷え込まなかったんだけど、薄曇りみたいな感じでウキが見にくそう。

先日、seuzouさんがマッカチンを釣ったようなので、爺も二匹目のマッカチンを狙おうと思ったんだけど、ここはおとなしく9尺の浅ダナセットにすることにしました。(笑)

■今日のタックル
竿:普天元独歩 9尺
ウキ:扶桑Siriusグリーン5番 パイプトップ
ライン:ミチイ0.8号、ハリス上0.6号8cm、下0.4号40cm
ハリ:イザム上7号、下3号
エサ:粒戦100cc、、とろスイミー50cc、セットガン100cc、水200cc、サナギパワー100cc、新B(ふるったやつ)100cc
クワセ:力玉漬け屋の力玉さなぎ漬け(爆)

例会がいくつか入っているため、混雑度合いは80%強
かなり、渋い釣りになりそう・・・

と思ったけど、3投目で凸を回避しちゃいました。

3枚くらいパタパタと釣ったんだけど、いきなりウキの動きが悪くなり、なかなかいい感じの釣りにならないんだよね。
釣りを開始してから2時間で6枚
こりゃ、最終例会は撃沈かと思い、トイレに行くついでに順位を見てみると・・・
愛好会で6位、池全体で11位
混雑度80%強だと、やっぱり人災の影響が大きいんだろうね。

その後、タナを深くしたり浅くしたり、クワセを変えてみたりして、3枚追加してツ抜け間近
この時点で10時半
お昼ご飯までにツ抜け出来るかと思ったけど、いつもの爺お得意の大穴タイム

しかし、今回は、今までにないくらいの大穴タイム
ハリスの長さを変えたり、バラケのタッチやブレンドを変えても、全くウキが動きません。
と言うより、バラケの粒子を食べるへらぶなが水面にいるだけで、なかなかクワセを追いかけてくれない。
結局、このままでお昼タイム

お昼ご飯の後で、皆勤賞のSATTOのウキを注文

釣り座に戻り釣りを再開すると、午前中は、泣きが入っていた師匠
しかし、午後は、ポツポツと釣れ始めたので、爺もチョーチンセットに替えることにしました。
でも、状況は、一向に変わらなかったので、どうせ釣れないなら一発が狙える浅ダナセットに戻すことにしました。

再度、タナを作る作業から始めて、ようやくツ抜け達成

この時点で、師匠に一歩買っているけど、真後ろで影を踏まれている状態
最終戦で師匠に負けるのかと思っていたら・・・
師匠が大ブレーキ
しかも、ミチイトブレイク&ウキの足が脱臼
ここで、師匠は脱落

爺は、この後、3枚を追加して、武蔵の池愛好会の最終例会は終了
因みに、こいつがあがりべらです。

最終的な順位は、爺が10位で師匠が11位
しかし、重量的には、2キロ以上あったかな。

この順位だから、池全体ではかなり下の方かと思ったら・・・
爺が23位で師匠が34位
90人くらい入っていたので、池全体が渋かったみたい

今回の参加賞は、リンゴ
って、先月もリンゴじゃね?

それと、会長に頼まれて作った力玉漬けのお礼と言うことで、柚子とイチゴをもらっちゃいました。

  

しかも、さなぎ玉を4瓶、あきあみ玉を2瓶も買ってもらいました。
これで、かなり在庫の整理が出来たな。

さて、今度の土曜日は、どこに釣りに行こうかな。

武蔵の池は段底大会だし、浜野へら鮒センターはチャンピオン大会だし・・・

風次第だけど、神扇池か清遊湖にでも行こうかな。

マッカチンを求めて

Published / by へら爺 / マッカチンを求めて への4件のコメント

今日は、かず君とデートをするために武蔵の池にやって来ました。

もう、12月なので7時前に事務所に到着したんだけど、東の空は、朝焼けでオレンジ色に染まっていました。

かず君が到着する前に大事な仕事が・・・
今月の23日に開催される納竿大会の大会券の購入
なんちゃって段底に目覚めたおじさまからも頼まれているので、大会券を3枚購入しました。

爺と師匠の納竿大会の大会券2枚
おじさまの納棺大会の大会券1枚(激爆)

大会券が購入できたことをおじさまにメールすると、優勝目指して頑張るんだって。
納棺されないように気をつけてね。(爆)

7時するにかず君が事務所に到着したけど、日差しが十分に出ていないので、事務所で雑談タイム
いろいろと話をしていたら、ようやく日差しが出てきたので、釣り座に移動することにしました。
かず君との釣りなので、釣り座を構える桟橋は、ポカポカ桟橋

新べらが放流されて、約2週間
池の水にもなれて、今日は、両グルでバクバクに出来るかも・・・

だけど、今日のターゲットは、へらぶなじゃありません。
ズバリ、今日のお題は・・・
マッカチン釣りッ!(爆)

と言うことで、今日は、マッカチンを釣った実績のある13尺の両グルの底で楽しむことにしました。

■今日のタックル
竿:普天元独歩 13尺
ウキ:扶桑AR11番 PCムクトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.5号35cm、下0.5号45cm
ハリ:イザム上下5号
エサ:新べらグルテン50cc、いもグルテン50cc、水100cc

さて、今日は、何匹のマッカチンが釣れるのか・・・

釣り開始は、9時前
5投目くらいから、徐々にウキが動き始めて、エサが着底する前にウキが消し込んで、本日最初のスレ(笑)
ウキの動きがへらぶなっぽいんだよね。
ウキが馴染んで、エサ落ちメモリが出てツンッ!
9時半過ぎまで、教科書のようなカラツン地獄(爆)

トイレに行って、少しだけ床休めして、エサ打ちを再開すると・・・
ウキが小刻みに動いたり、左右に動くようになってきた。
もしかしたらと思った瞬間、ムズッとウキが動き、へら師の世界で言う凸回避

今日、君はジャミなんだよね・・・(爆)
その後も底釣りらしいアタリで、ジャミが釣れ続く。
先月に放流した新べら

綺麗なんだけど、今日は、君じゃないんだよね。

結局、マッカチンを釣ることが出来ずに、午前中の釣りが終了

事務所でお昼ご飯と雑談タイム
十分に床休めをしてから、午後の釣りをスタート
午後も両グルなんだけど、マッカチンの実績があるグルテン四季といもグルテンのブレンドに変更

このブレンドの変更が良かったのか、ウキが左右に大きく動くようになってきた。
このままいくとマッカチン祭りになる予感がしてきた。(爆)

そして、その時は、やって来た。

ウキが右に10cmくらい動いてからのツンッ!
マッカチンを貰ったっ!
と思ったら、残念ながらジャミ君

それにしても、今日は、12月とは思えないポカポカ陽気
風がなければ、外で昼寝をしても気持ちがいいかも。

ポカポカ陽気なんだけど、今日は、へらぶなもマッカチンも少し食いが渋いみたい
その後もポツポツとジャミ君を釣って、ジャミ君のツ抜け

だからさぁ~
今日は、君じゃないんだよ。

結局、今日は、ターゲットのマッカチンを釣ることが出来ませんでした。

今日の反省点は、やっぱりクワセによっちゃんイカを使わなかったことかな。
次回、かず君とデートするときは、よっちゃんイカをクワセにした段底か両よっちゃんイカだな。(激爆)

マッカチンの呪い

Published / by へら爺 / マッカチンの呪い への4件のコメント

今日は、三和へら研の仲間との釣りで、毎度毎度の武蔵の池にやって来ました。

今日は、釣果関係無しで楽しく釣ろうと言うことで、底釣り縛りで武蔵の池攻略をすることにしました。

今日のメンバーは、手前から剛ちゃん、大ちゃん、森ちゃん、爺、古っち

さて、どんな釣りになるのか・・・

今日の釣り方は、先週のデカイ新べらを釣る事を考えて、両グルの底釣り

■今日のタックル
竿:普天元独歩 13尺
ウキ:扶桑AR11番 パイプトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.5号30cm、下0.5号38cm
ハリ:イザム上下5号
エサ:グルテン四季50cc、いもグルテン50cc、水100cc

昨日の上州屋大会のプレッシャーが残っているのか、爺の釣りが下手なのか分からないけど、全くウキが動く気配がない。
9時を過ぎてから徐々にウキが動き始めて、ウキが馴染んで少しづつ戻してツンッ!
凸回避かと思ったら、大きいクチボソ(笑)
しかも、センターがっちりっ!(爆)

その後、へらぶなのスレが1枚あったけど、10時過ぎに念願の凸回避

このまま、ポツポツと釣れ続くかと思ったけど、いつもの交通事故みたい・・・
あまりウキの動きが良くないので、少しセッティングを変更
ウキ:扶桑AR11番 パイプトップ → 扶桑AR11番 PCムクトップ
ハリス:上35cm、下45cm
これが良かったのか、ウキの動きが徐々に良くなってきて、午前中のアガリべらをゲット

事務所でお昼ご飯を食べて、午後の釣りをスタート

午前中より、午後の方がウキの動きがいいかな。
再度、タナを測り直してみると、すぐに午後凸の回避が出来ました。

スレもあったけど、順調に釣れる感じがしたので、ツ抜けも問題ないと思ったら・・・

エサ打ちをして、ウキが馴染んでエサ落ちメモリ付近でツンッ!
1枚追加かと思ったら・・・
誰だ、お前はっ!(爆)

アワセが少し強かったので、片方のハサミが取れちゃいました・・・

武蔵の池にマッカチンは居ないと思ったけど、かず君、レッドさん、助さん、爺・・・
本当は、武蔵の池には、うじゃうじゃマッカチンがいるんじゃないの。(激爆)

気を取り直して、釣りを再開するとウキが全く動かなくなった。
周りから、こんな声が・・・
『マッカチンの呪いじゃないの?』
確かに、呪われちゃったかも・・・

約2時間の大穴
これじゃ、ツ抜けなんか出来ないかも・・・

マッカチンさん
ごめんなさい。
爺に、ツ抜けをさせてください。

3時前になり、徐々にウキの動きが戻ってきて、枚数を重ねていくことが出来て、念願のツ抜けを達成することが出来ました。

ツ抜けが出来たら、次の目標はアガリべら
ウキが馴染んで、エサ落ちメモリ付近でツンッ!
教科書のようなアタリが連発して、アガリべらをゲットしました。

本日の釣果は、13枚
一応、三和へら研の中では、竿頭でした。

ここ最近、2回連続しての底釣り
やっぱり、へらぶな釣りは、底釣りが一番楽しいね。

来月の武蔵の池愛好会の例会は、底釣りで挑もうかな。

三人だけの新べら放流大会

Published / by へら爺 / 三人だけの新べら放流大会 への4件のコメント

昨日の夜、浜野へら鮒センターに行くか武蔵の池に行くか迷ったんだけど、やっぱり、新べらが釣りたいので武蔵の池に行くことに決めました。

天気が良いので、かず君も来るみたい。
土曜日の朝は冷え込むみたいだから、温かい服装で釣りに行かないとね。

とりあえず、朝5時に起きたんだけど、布団の温かさに負けて二度寝
そして、かず君のモーニングメールで目が冷めました。
時計を見ると、なんと7時っ!
ゆっくりと朝ごはんを食べて、武蔵の池に出勤することにしました。

久しぶりの重役出勤(爆)

すでにかず君と友人の方は、釣りを釣りを始めてました。
当然か・・・

爺も北桟橋に座り、釣りの準備を開始しました。

新べら放流当日
セット釣りなんて、無粋なことはしません。

当然、18尺グル宙~っ!

■今日のタックル
竿:剛舟 18尺
ウキ:一規作沖宙スペシャル5番 PCムクトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.5号50cm、下0.5号65cm
ハリ:イザム上下5号
エサ:新べらグルテン50cc、グルテン四季50cc、水90cc

さて、新べらは釣れるのか・・・

今月の3日
当初は、新べら放流大会の予定だったんだけど、急きょ、東レ大会に変更
と言うことで、今日は、三人だけの新べら放流大会を行うことにしました。(笑)

久しぶりの18尺
なかなかエサ打ちが定まらなかったけど、徐々にエサ打ちが安定して来ました。
しかし、ウキの動きは微妙・・・
タナを深くしたり浅くしたりを繰り返して、ようやく凸を回避することが出来ました。

これは、新べらかな!?

凸は回避したけど、そんなにウキの動きは良くならず、何か変えないといけないと思ったけど、釣り開始時刻が遅かったので、お昼ご飯タイムに突入してしまいました。

お昼ご飯のたぬきうどんを食べながら、午後の釣りを考えることにしました。

そこで思いついたのは・・・
底釣りにして、マッカチンを釣ろうっ!(爆)

と言うことで、釣り方変更っ!

■午後のタックル
竿:普天元独歩 13尺
ウキ:扶桑AR12番 PCムクトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.5号30cm、下0.5号38cm
ハリ:イザム上下5号
エサ:いも50cc、グルテン四季50cc、水100cc

底釣りなので、ウキが動き出すまでに時間が掛かると思ったけど、すぐにウキが動き始めて、底釣りに変えて最初の一枚目をゲット

この後、順調に釣れ続くかと思ったら、カラツンではなく糸ズレの嵐
エサをしっかりと着けたり、少し床休めをしたりして、ポツポツと釣っていきました。

ようやく5枚目をゲット

でも、今度は、糸ズレでなくカラツンが多発
スレも多くなってきたので、底を測りなおすと、若干、底が掘れていたのでタナ調整
そしたら、ウキの動きがメッチャ良くなり
触りながら馴染んで、エサ落ちメモリまで戻してツンっ!
と言うアタリで釣れるようになって来ました。

3時が過ぎて、残り時間、あと僅か
あと、一枚でツ抜け出来るのに・・・

と思ったら、ウキが馴染んで、エサ落ちメモリ付近でサワリが出て、一度、静止してからのツンッ!
教科書のようなアタリ
絶対に食っていると思ったけど、引きがスレっぽい
なかなか顔を出さないし、でも、あのアタリでスレな訳ないし・・・

半信半疑でへらぶなを水面近くまで引き上げてくると・・・
デカイッ!
これは、絶対に玉網に入れないとっ!

ようやく、へらぶなを玉網に入れると・・・

あまり大きさが分からないか・・・

桟橋に水を十分にかけて、へらぶなを桟橋に置いてみました。

見事な新べらでしょっ!
今朝、放流した新入社員
多分、37、8センチくらいあるかな。

この新入社員がツ抜け&あがりべら

寝坊はしたけど、超満足な一日でした。

最後にモーニングメールをしてくれたかず君に感謝
あのメールがなければ、この新入社員に出会うことはなかったからね。

枚数的にはって感じはあるけど、内容的には大満足な三人だけの新べら放流大会でした。

明日は、久しぶりに釣り道具の掃除でもしようかな。

新べら放流

Published / by へら爺 / 新べら放流 への4件のコメント

今週の土曜日は第三土曜日

浜野へら鮒センターで12月に開催されるチャンピオン大会に参加する権利を得るための最後のチャンスの月例会が開催されます。
最後のチャンスなんで、ぜひチャンピオン大会参加の権利をゲットするために月例会にチャレンジしようと思ったんですが、昼休みに武蔵の池のWEBサイトを見てみると・・・
土曜日に新べらが放流されるじゃありませんかっ!

新べら放流
へら師にとってのビッグイベントの一つ
う~ん・・・
浜野へら鮒センターに行くか武蔵の池に行くか迷うなぁ~

最近、18尺のグル宙もやってないし・・・
武蔵の池にでも行くかな・・・
でも、久しぶりにチャンピオン大会に出たいし・・・

しょうがない。
寝ながら考えるか。(笑)

武蔵の池愛好会11月度例会

Published / by へら爺 / コメントをどうぞ

今日は、11月の第二土曜日
先月までは一人での参加でしたけど、久しぶりに師匠と一緒に武蔵の池愛好会の例会に参加して来ました。

釣り座抽選の結果、爺は46番、師匠は45番での釣りとなった。

朝方は、少し肌寒かったけど、今日は、気温が高くなるみたい
さて、どんな釣りになることやら・・・

土曜日なんだけど、混雑具合は、チョッと寂しいかな・・・

  

今月の愛好会は、特別な例会
何で特別かと言うと・・・
普天元独歩7尺と朱紋峰嵐月8尺のデビュー戦
ダブル凸竿にならないといいけどね。(笑)

■今日のタックル
竿:普天元独歩 8尺
ウキ:一規作浅ダナセット5番 パイプトップ(中太?)
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.6号8cm、下0.5号30cm
ハリ:イザム上7号、下4号
バラケ:粒戦100cc、とろスイミー50cc、水200cc、サナギパワー200cc、セットアップ200cc
クワセ:さなぎ玉(大粒)

最初は、両ダンゴでやろうかと思ったけど、凸竿にしたくなかったので、無難にセット釣りにしました。(笑)

昨日の雨で、池の水が入れ替わっているかと心配していたんだけど、案外とウキの動きが早く、エサ打ちを初めて10分くらいで、ウキがズバッと消し込み凸回避でございます。

その後も、続けてウキがズバッと消し込み3連チャン
釣れてはいるんだけど、何か納得できないんだよね。
何が納得できないのかって?
だって、三連チャンでバラケを食っているんだもん。(爆)

でも、釣れないよりはマシ
クワセじゃなくても、バラケでもいいから、このまま釣り込むかと思ったら・・・
はい、モーニングサービス終了~っ!(激爆)

周りを見ても、竿を絞っている人は少ないみたい・・・
隣からは、師匠の愚痴しか聞こえない。
ウキの動きを見ていると凸竿になっちゃうかも・・・(笑)

あまり、エサの追いが悪いと思い、ハリを3号に変えてハリスを5センチ伸ばしてみました。
これが正解だったのか分からないけど、ポツポツと釣れ始めてようやく5枚目をゲット
トイレ休憩ついでに事務所で釣果を見てみると、釣れている人と釣れていない人の差が大きいみたい。
当然、爺は、釣れない人の方だけどね。(激爆)

初おろしの普天元独歩7尺
竿の曲り具合、へらぶなをかけた時の引き味
どれをとっても最高っ!

竿の曲り、引き味を楽しみながら、9時過ぎにツ抜け達成っ!(写真を忘れました。)
ツ抜けしたけど、あまり型が良くないので、同じ枚数の人より順位は下
でも、このままでも釣れ続けば、10位以内はかたいかな。

今日はボソッ気の強い硬めのバラケではダメみたいで、バラケのタッチに気をつけながら釣りを続稿
ヤワボソ系のバラケなので、バラケを食ってくる割合が高い
そんな時にミラクルがおきました。

今回もウキがズバッと消し込み、案の定、バラケを食っていた。
玉網でへらぶなをすくおうと思ったら、下から別のへらぶなが顔を出してきました。
何と、浅ダナセットでリャンコ
5年ぶりくらいかな。

これで、午前中の釣りは終了
かなり釣っているような感じがするんだけど、スレが多かったので、ツツ抜けを達成することは出来ませんでした。

お昼ご飯を食べて、午後の釣りスタート

ウキは相変わらず動くんだけど、あまりエサを食ってくれないんだよね。
午後になり、状況がかなり変わって来たのか、午前中、泣きが入っていたチョーチンセットの師匠が釣れ始めました。

午後になり、へらクッションを使っているとはいえ、硬いスノコの上に胡坐をかいているので、徐々に腰が痛くなってきて、上体を動かしながら釣りをしないと辛い状態になって来ました。
エサ打ちをし、上体をチョッと動かした瞬間
普天元独歩をテポッちゃいました。
腰が痛くなければ、すぐに拾えたんだけど、腰が痛いので腰が曲がらないので竿が徐々に離れて行くのを見ているだけ。
その時、隣の人が竿を抑えていてくれたので、無事に玉網で回収することが出来ました。
そう言えば、9尺の初おろしの時もテポッったような記憶が・・・(笑)

こんなアクシデントに見舞われながらも、ツツ抜け達成

しかし、この後は、爺得意の大穴タイム
何をしても、スレばっか
これがなければ、たまには上位に入るんだよね。

その後、3枚を追加した時に例会の終了を案内する放送が始まった。
が、その時に、ウキがズバ消しっ!

計量を修了するの少し待ってくれぇ~
と叫びながらの取り込み
なかなか取り込めないので、かなり形が良いかも。
しかし、釣りの神様は爺を見捨てたのか、ハリが外れてアガリべらになりませんでした。
T田さんからは、騒いでただけじゃんと言われるし、踏んだり蹴ったりの最後でした。

ちなみに今月の例会の順位は
爺が8位で師匠が12位

二人とも鳴かず飛ばずでした。(爆)

今月の参加賞は、リンゴ

1人4個なので、2人で8個
歯茎から血が出まくりかも・・・(笑)

そして、抽選賞のティッシュ
さなぎ玉を作る時に活用させてもらいます。

武蔵の池愛好会10月度例会

Published / by へら爺 / 武蔵の池愛好会10月度例会 への2件のコメント

今日は、10月の第二土曜日
と言うことで、武蔵の池愛好会の例会に参加するために武蔵の池にやって来ました。

伊藤さとしカップでシマノ嵐月8尺をゲットした師匠は、お茶のお稽古があるため欠席
今月も爺一人での愛好会参加になりました。

天気予報によると雨は降らないみたいだけど、天気は良くならないみたい。
空を見上げると今にも降り出しそう・・・

事務所で釣り座の抽選を行ったら、中央桟橋南向きの43番をゲット
武蔵の池を知っている人なら分かると思うけど、ヘチでございます。

昨晩、かず君とメールして、13尺の底釣りをするかなとやり取りしていたけど、せっかくのヘチ席なので浅ダナセットをすることにしました。

■今日のタックル
竿:普天元独歩 8尺
ウキ:扶桑Siriusグリーン5番 パイプトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.6号8cm、下0.5号30cm
ハリ:イザム上7号、下4号
バラケ:粒戦100cc、とろスイミー50cc、水200cc、サナギパワー200cc、セットアップ200cc
クワセ:さなぎ玉

池の水は温かいから、今日は、かなり釣果を期待できるかも・・・

エサ打ちを開始し始めるとすぐにウキがモヤモヤしてきて、いつにもなく魚っ気満点
何回かへらぶなを引っ掻く感じになったけど、いつもより早めに凸回避

いつものことながら、このまま釣れ続くかと思ったけど、何回かスレが続いた後に、全く釣れなくなっちゃいました。
水面にへらぶなの背びれが見えるようになってきたので、バラケに手水をうってしっとりさせてエサ打ちをすると、途中でのサワリがなくなり、クワセがタナまで行って終了
と言うことは、少しはワシャワシャになるくらいのバラケのタッチじゃないと釣れないのかも・・・

バラケのタッチや大きさに注意しながら、エサ打ちを続けるとスレ交じりだけど、ポツポツと枚数を重ねることが出来ました。
爺の周りの人たちもかなり苦戦しているみたい
セットじゃなくて両ダンゴで釣れそうな感じがするけど、この前、エサの整理をしてダンゴエサを処分しちゃったので、このまま浅ダナセットを続行

枚数が期待できないなら、竿の曲りを楽しみながら釣るか・・・
と考えたら、気分が楽になり、15枚目のへらぶなをゲット

計量が終了して、次のエサを打つと、すぐにズバ消し込みっ!
引きを楽しむ間もなく、すぐに玉網の中へ
自動計量器に乗せると・・・

やりましたっ!
爺の武蔵の池での記録更新っ!
210グラムッ!!(笑)
これじゃ、何枚釣っても目方にならないよ・・・(爆)

こんな、ガサベラが続くかと思っていたら、かすかに雲越しだけど太陽が見えてきました。
少し暖かくなってきたかも・・・
と思っていたら、ウキの動きがガラッと変わり、釣れるへらぶなも大きくなりました。

18枚目のへらぶなは、久しぶりの武蔵の池でのキロオーバー

何とか、お昼ご飯前に20枚目をゲットして、お昼ご飯タイムに突入

事務所で、浅ダナセットをしているT田さんに話を聞くと、重めのクワセが良いみたい。
と言うことで、久しぶりに力玉ハードⅡのさなぎ漬けを使ってみました。

それと目先を変えさせるためにオキアミ玉も準備

クワセを重くしたせいか、下ハリスが張るようになり、余分なウキの動きが少なくなり、明確な食いアタリが増えてきた。
午後になり、1時間で6枚をゲット
このまま、午後も・・・
と思ったけど、ここから爺お得意の大穴タイム

エサをいじったり、ハリスの長さを変えてみたりしたけど、一向に状況は変わらず。

まずいっ!

このままいくと、30枚も釣れないかも・・・

と言うことで、14時半を過ぎたら、全てアガリべらとして、写真を撮るか・・・
って、一枚しか釣れないじゃんっ!(笑)

いろいろと頑張ったけど、結局、28枚しか釣れませんでした。

しかし、スレがかなり多かったので、枚数にはカウントされていないけど、なんか釣った感は、メッチャあったかも・・・(激爆)

で、今日の参加賞の果物は・・・
みかん

さて、どんな味がするのか・・・
と言うより、爺の口にみかんが入るのか・・・8爆)

第10回伊藤さとしカップ番外編

Published / by へら爺 / 第10回伊藤さとしカップ番外編 への2件のコメント

ブログに書くかどうか迷ったんですが、思い切って真実を書いちゃいます。(笑)

抽選賞の商品がお目当ての伊藤さとしカップ
過去、工房一成のお膳を当てたことがあります。

そろそろ、大物が欲しいと思っていて、抽選賞の商品を見てみると万力、お膳、シマノのロッドケース・・・
かなりの高額商品がありました。
贅沢は言わないので、せめてお膳だけでもという不純な考えがダメだったのか、オーナーの販促品詰め合わせが当たっちゃいました。(笑)

師匠は、ずっと欲しいと狙っていた邦ちゃん賞のシャインマスカットをゲット
そして、全ての参加者に抽選賞が行きわたり、これで、へら爺家の抽選賞の夢はついえたと思ったら・・・

最後の最後に大物が残っていました。
扶桑工房さん提供のシマノ嵐月の8尺

一度、抽選が終わった大会券を段ボールに戻して、138枚から選ばれた幸運な1枚は・・・

『愛好会の○○○○・・・さん』
おっ!
シマノ嵐月が当たっちゃった。

竿を受け取りに外に出ようとしたら、さとしさんと目が合って手をクロスさせてのバッテンマーク
だって、愛好会の○○○○って言ったじゃんっ!

と思ったら、シマノ嵐月をゲットしたのは、師匠の方でした。(笑)

さとしさんから竿を受け取って事務所に戻ってくる時、師匠に竿を持ってやるとストーカー行為をしている尾州のおじさまを発見
危うくおじさまに竿を奪われるとこでした。(爆)

景仙桔梗を使っている師匠
たまには、高級な竿を使うのもいいんじゃないかな。
嵐月のデビューは、清遊湖の三和へら研の例会かな。

師匠が当たって悔しくないのかって?
そりゃ、悔しいさっ!
爺が当たっていたらヤフオクで売って、独歩購入の軍資金にしたのに・・・(核爆)

第10回伊藤さとしカップ

Published / by へら爺 / 第10回伊藤さとしカップ への2件のコメント

今日は、一年で一番楽しみにしている伊藤さとしCUPに参加するために武蔵の池にやって来ました。

第10回の記念大会だからか分からないけど、朝早くからエンジン全開のホストの伊藤さとしさん
それとも忙しすぎて、気分だけがハイテンション!?

昨年までは、中央桟橋のみの使用だったんだけど、今年から北桟橋の一部を使用
当然、受付番号が若い爺は・・・
お約束通り、北桟橋に釣り座を構えました。(笑)
だって、中央桟橋に入っても、後ろから数えた方が早い順位だもん。(爆)

中央桟橋に入れるにも関わらず、爺と一緒に北桟橋で釣りをする運命共同体のメンバーを紹介します。
まずは、師匠とレッドさん

レッドさんは、両ウドンをするために自宅でウドンを作って来たみたいだけど、指先を怪我しちゃったみたい。
興味のある方は、右手の人差し指をアップで見て下さい。
そんで、爺の右隣には、光合成をしたかったらしいけど、太陽が出ていないので目的を達成できそうもないかず君(爆)

釣りの準備をしていると、かず君から・・・
『安くしておくよぉ~』
だって。
末端価格で一袋50円(激爆)

エサの見た目から言うと、グルテンと言うよりマッシュかな。

俺は、白い粉から足を洗ったんだって・・・
あれっ!?
手が震えてきた。

と言うことで、今年の伊藤さとしCUPもグル宙で昇天することにしました。(爆)

■今日のタックル
竿:飛天弓閃光P 16.5尺
ウキ:一規作沖宙スペシャル5番 PCムクトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.5号50cm、下0.5号65cm
ハリ:イザム上下6号
エサ:新べらグルテン100cc、グルテン四季50cc、水130cc

さて、どんな釣りになるか・・・

8時までは、自由に釣りをしちゃってタイム

なかなかウキが動かなかったけど、7時半近くになると徐々にウキが動き始めて、フラシに入れることは出来なかったけど、念願の凸回避
非公式な凸回避なので、へらぶなの写真はないけど、レッドさんからご褒美を頂きました。

8時まで、ウキがコンスタントに動いていたので、今日は、フラシのお替りが出来るかも。
と思っていたのはここまでで、8時になり競技が始まると、ウキが全く動かなくなった。
恐るべし、武蔵の池っ!(核爆)

しかも、天気が悪いんだよね。
天気予報では、晴れると言っていたのに・・・
トイレに行く時、歩いていると雨の匂いが・・・

もしかして!?

オヂサマッ!(爆)
オヂサマと話してみると、8時の競技開始から30分で5枚も釣ったらしいんだけど、それでモーニングサービスは終了らしい・・・

ビールの差し入れを持ってきたくれたんだけど、その去り際に・・・
『北桟橋で釣りをしている変態の気持ちが分からない。しかも、両ウドンと両グルだし・・・』
正論なだけに反論できないのが残念・・・

さて、釣りの話しの戻ると・・・
爺は、全く釣れません。
と言うより、ウキが全く見えません。

少しでもウキが見やすい場所にエサ打ちをするように努力していると、ようやくの凸回避

その後、1時間に1枚ペースで午前中の釣りが終了

事務所でご飯を食べて、午後の釣りをスタート・・・
何だけど、午前中よりウキが見にくい。
しかも、ウキが全く動かない。

雨が降って来そうなので、かず君は早アガリ
そうしたら・・・
ついにポツポツと降って来ました。

何で雨がと思い、オヂサマの方を見てみると・・・
一人だけパラソルを出しているし
しかも、池で一番最初にパラソルを出しているし・・・
さては、雨が降るのを知っていたな。

どうせ釣れないなら、二代目剛舟11尺で両グルチョーチンをすっか。

エサ打ちを開始して30分後
あることに気が付きました。

このままでと、中古とは言え凸竿になるんじゃね?

もう、この後は、何も書きませんっ!(激爆)

って言うか、書きたくねぇ~っ!(各爆)

何もできないまま、第10回伊藤さとしCUPは終了となりました。

順位は、電話を掛けると消防車が来るかも。(笑)

今日の戦利品は・・・

最近、何かくじ運が悪いかも・・・

今週の土曜日は、武蔵の池愛好会の例会
竿を握るのが少し怖いかも・・・(笑)

今日の釣りで改めて分かったことが一つあるんだ。
ウキが見えないと釣りにならんっ!(爆)

そうだっ!

抽選賞の最後にシマノ嵐月の8尺があったんだよね。
138分の1の栄光を手にしたのは・・・
なんとっ!
師匠でした。