湿度のせいか・・・

Published / by へら爺 / コメントをどうぞ

秋からのセット釣りシーズンに向けて、力玉漬けの生産を再開しました。
生産を再開したのは、力玉と力玉大粒のさなぎ漬けです。

作業員兼専務取締役のおふくろ様が作業をしているんだけど、生産再開後の第一号は、湿度のせいか力玉漬けが真ん丸にならず、少し歪なんだよね。
均等に丸くなるようにエサボウルをこまめに振っているんだけど、チョッと勝手が違う感じがする。
生産途中で力玉漬けを見せてもらった時に力玉漬けの歪さが気になったけど、専務のおふくろ様も作りながら悩んでいたみたい。

力玉の中心まで、さなぎ粉のエキスは十分に浸透しているんだけど、昨年の出来と比較すると・・・

写真は、あまりに歪なので、割愛します。(笑)

もしかしたら、昨年に買った力玉なので、保存状態があまり良くなくて、こんなになっちゃったのかなぁ~

今度、新しい力玉を買って確かめてみるかな。

以上、力玉漬け屋の爺とおふくろ様の愚痴でした。(笑)

台風一過の秋晴れ

Published / by へら爺 / 台風一過の秋晴れ への2件のコメント

昨日の夜から今日の明け方に猛烈な暴風雨をもたらした台風24号
幸い爺の身近では、特に大きな被害もなく、無事に朝を迎えることが出来ました。

唯一の被害は、ベランダのルーフが飛んでいかないかと心配で寝不足になった爺の精神面だけかな。(笑)
心配で心配で眠れない夜だったのに師匠は・・・
この後は、師匠に直接聞いてくださいね。(爆)

台風24号の雨と風が大気中の汚れを洗い流したからなのか、荒川の土手からは綺麗な富士山を見ることが出来ました。
雪化粧する前の夏の富士山は、そろそろ見納めかな。

今日は、台風一過の秋晴れ
と言うか、台風一過の夏晴れかな
気温は30度を超えて、少し歩くだけで汗がダラダラ

気温は真夏日だけど、空は100%の秋空

暑いのは今日だけで、明日からは秋らしくなるみたいですね。
食欲の秋、読書の秋とか言われるけど、爺にとっては、へらぶな釣りの秋、食欲の秋かな。(笑)

来週は、武蔵の池で開催される伊藤さとしカップ
かず君も参戦予定なので、ぜひ雨は降らないで欲しいね。

今、日本の南海上には、尾州25号・・・
違ったっ!
台風25号が勢力を強めながら、沖縄諸島に接近中

三連休は、台風25号の影響じゃないけど、秋雨前線の影響でパッとしない天気かも知れないみたいだね。
そう言えば・・・
伊藤さとしカップには、オヂサマとあのお方が来るんだよな・・・
大荒れの天気になるかも・・・

でも、浜野へら鮒センターで開催されたハマフェスの時は、絶対に晴れるから大丈夫とオヂサマが断言していたんだよね。
雨が降ったら、針千本飲ますか。(笑)
ゴスケの20号あたりかな。(激爆)

HAMANO ROCK FESTIVAL

Published / by へら爺 / HAMANO ROCK FESTIVAL への2件のコメント

神扇池で団体対抗マッチに参戦している中、爺より先に浜野へら鮒センターの 『HAMANO ROCK FESTIVA』 に行っている師匠から逐次情報収集

雨がそんなに降らなければ、ロックを聞きながらナイターでの釣りを楽しみたいと思っていたので、師匠に北桟橋で釣りをしているようにとお願いいたんだ。
北桟橋での釣りなので、チョーチンは出来ないので、一人で浅ダナセットを挑戦中
釣り初めてすぐに凸を回避したらしい。

北桟橋で波消しがこの位置
ステージ前の一等席じゃんっ!

10時になり、永心腐れ外道のライブが始まったらしい

染谷さん・・・!?(笑)

染谷さんのライブ中にも釣れて、それをステージの上から染谷さんも見ていたらしい。

このまま神扇池で釣りをしていても釣れないから、もう浜野へら鮒センターに移動しても良いんだけど・・・(笑)

爺は、神扇池での表彰式が終わり、東北道→外環→京葉道と乗り継ぎ、浜野へら鮒センターに到着
当然ながら、こちらも雨模様

これじゃ、釣りをしている人もしないんじゃ・・・
あれ!?
あのオレンジの上着は・・・

尾州24号!?

危険だけど、暴風域に近づいてみると・・・

オヂサマ・・・
だから、雨が降っているのか・・・(笑)
んっ!?
浅ダナのヒゲセット!?
オヂサマの浅ダナ釣りなんて、初めて見たかも・・・
これが、台風24号が日本を直撃する原因かもね。(激爆)

ステージでは、いろんなバンドがライブをやっているけど、桟橋がツルツル状態なので、大事を取ってパス

でも、旧車の展示や永心ギターコレクションなど気になる物が盛りだくさん

久しぶりに見たケンメリのGT-R

  

渋すぎる。
エンジン音を聞きたかったけど、涙を飲んで事務所に移動

事務所の中では、永心ギターコレクションが展示

Fenderのストラト
これが、いい音を出すんだよね。

そして、その中でも目を引くのが、バディホリートリビュート・ストラトキャスター
世界で50本の限定らしいんだけど、その中の2本が染谷さんが所有しているらしい。
さすが、バディ・ホリー・インパーソネイター

駐車場では、キッチンカーやたこ焼き等の露店があり食事が可能で、雨さえ降っていなければ、楽しい一日になったのにね。

本当は、9時までゆっくりしたかったんだけど、雨が降っているし服も濡れていたので、早めに撤収

もし、来年もやるなら、朝から釣りをしながら、ロックを楽しみたいね。

最後に・・・
染谷さん、浜野へら鮒センターのスタッフの皆さん
お疲れ様でした。
また、楽しいイベントが行われることを楽しみにしています。

第1回団体対抗マッチ

Published / by へら爺 / 第1回団体対抗マッチ への4件のコメント

土曜日は、団体対抗マッチに参加するために神扇池に行って来ました。

本当は、昨日のうちにブログをアップしたかったんだけど、老体に鞭打ってダブルヘッダーを強行したので、家に着いたら、ご飯を食べるだけで限界でした。(笑)

金曜日の夜、レッドさんとseuzouさんにメールして、何時頃に神扇池に来るのかと聞いたら、5時10分とのことだったので、4時に自宅を出発
途中、コンビニに寄って、5時10分ピッタリに神扇池に到着
もう、みんな来ているかと思ったら、駐車場にいたのはテレさんのみ
テレさん、開口一発・・・
『みんな、来ないけどチーム解散すっか?』
チョッとプンプンモード
その後、レッドさん、seuzouさんの順番に到着
何で遅れたかは、お二人のブログを見て下さいね。(笑)

受付を修了させ、事前予約していた東桟橋に移動
東の空は、綺麗な朝焼け

朝焼けが綺麗な時は、天気が下り坂なんだよね。

三和へら研の例会で試釣した東桟橋
事前の準備も万端
上位進出目指して、頑張りますか。

20組の募集だったのに、第1回大会の参加は12組(あっ!?分母を言っちゃったっ!)
第1回の記念大会なのにチョッと寂しいね。

あれっ!?
怪しい色のポロシャツの二人が・・・

チームメイトのseuzouさんとテレさん(爆)

さて、今日は、どれくらい釣れるのか・・・
試釣で試した通り、10尺の浅ダナセットでスタートすることにした。

■今日のタックル
竿:普天元独歩 10尺
ウキ:扶桑FLASH5番 パイプトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.6号8cm、下0.5号35cm
ハリ:イザム上7号、下4号
バラケ:粒戦100cc、とろスイミー50cc、水200cc、サナギパワー200cc、セットアップ200cc
クワセ:さなぎ感嘆コーラ作り

エサの準備が終了
いつ降り出しても大丈夫なようにパラソルの準備も完了

6時半になり競技開始
気圧のせいなのか分からないけど、なんだか生命反応が感じられない。
しかし、向かいのさくら桟橋は、竿を絞り始めてきたので、生命反応が感じられないのは東桟橋だけ?

まずは、へらぶなをタナに寄せないといけないので、少し小さめのエサをテンポよくエサ打ちを行った。
そうしたら、30分後に念願の凸回避

このままポツポツとでもいいから釣れ続いてほしいと思ったけど、交通事故の1枚でした。

少し前まで綺麗だった朝焼けも、いつの間にかどんよりとした空模様に変身
あれっ!?
オヂサマの気配がする・・・
当日参加で神扇池に来たのか?
天気予報より、かなり早い降り出し

弱いけど向かい風が吹いてきたから、中に雨は吹き込んでくるし寒いしで、戦意喪失間近(爆)
しかも、釣果は、もっと寒いし(激爆)

タナを深くしたり、ハリスを伸ばしたりして、数枚をゲット
状況を変えるためにどうしようかと考えるんだけど、吹き込んでくる雨で頭の中がいっぱい
ワタカも釣れないままに、時間だけが過ぎていく
そして、前半戦終了1分前にようやく5枚目をゲット

お昼の途中計量が終了し、お弁当タイム
久しぶりに釣り座で食べるご飯
これで、天気が良ければ美味しく感じられるんだけどね。
お弁当を食べ終わり、レッドさんとseuzouさんと雑談

その時、seuzouさんから衝撃発言
『これが、サナギパワーってエサですか。初めて見た。』
こりゃ、本格的にへら師から海釣師に転向だな。(爆)

楽しい時間も終了して、午後の競技開始

午前中、レッドさんの釣りを見ていると、ウキの周りに泡づけはあるんだけど、すごく釣りやすそうな感じじゃなかったので、爆発を期待して、10尺浅ダナセットを継続

しかし、爆発どころか午前中の二の舞状態
何をやっても状況が打開しないんだよね。

ハリスを35cmから始めて、40cmまで伸ばしたんだけど、状況は全く変わらず。
もしかしたら、逆のことをやっているのかもと思い、ハリスを30cmにしたところウキの動きが良くなった。
しかし、ウキの動きが良くなるだけで、釣果の方は上がらず

もしかしたら、バラケている粒子にしか反応していないのかもね。

武蔵の池愛好会の例会であれば、道具を片付けて車の中で寝ているような状況
しかし、今日は、団体戦なので14時まで、何とか頑張り釣りを続けました。

午後は、4枚
トータル9枚でお寒い釣果

チーム名、マッカチン
別の名を他力本願チーム
さくら桟橋の2人が頑張ってくれていることを信じて、表彰式へGO

結果は、8位
オリンピックだったら、8位は入賞だよね。
全部で何チームだったのかって?
それは、内緒・・・(爆)
前の方に書いてあったりして・・・(激爆)

さて、体も冷えたことだし、車に乗って師匠が待つ浜野へら鮒センターにでも行くか・・・

次のブログに続く・・・

その前に今日の商品

お煎餅の詰め合わせ、ハロウィンバージョンのうまい棒、お茶でした。

  

最後に・・・

ワタカ釣り場の幸手市営の神扇池
しかし、今日は、ワタカが1匹も釣れなかった。
せっかくワタカ釣りのチャンプになろうと思っていたのに・・・
もう、よっぽどのことがない限り、神扇池になんか来るもんかっ!(激爆)

前夜祭!?

Published / by へら爺 / 前夜祭!? への2件のコメント

明日は、浜野へら鮒センターで『HAMANO ROCK FESTIVAL』が開催されます。

爺は、神扇池で団体対抗マッチに参加してからの参戦予定
しかし、師匠は、朝からの参戦
道具を持って電車に乗らすのは可哀そうなので、野暮用で午後半休を取得したので、そのついでに浜野へら鮒センターに師匠の道具を届けにやって来ました。

浜野へら鮒センターに到着すると・・・
すでに明日の準備は終了していると思ったら、ただいま準備中状態

しかし、浜野へら鮒センターは、既にお祭り状態
池の周りを見てみると・・・

めっちゃ気合が入っているね。

オーナーの染谷さんは、10時からやぐらステージでライブをするんだけど、そのステージは・・・
こんな感じ

染谷さんのステージを見ながら釣りをするなら北桟橋だね。

染谷さんのステージを見ることは出来ないけど、明日がメッチャ楽しみっ!

そう言えば・・・
永心バンドは見たことあるけど、永心腐れ外道は初めて
どんな感じなんだろう?
と思ったら、事務所である物を発見っ!

まさか・・・!?

師匠に釣りじゃなくて、写真撮影に専念するように言わないと・・・(爆)

一人作戦会議

Published / by へら爺 / 一人作戦会議 への2件のコメント

今週の土曜日にチーム特定外来種で参加する神扇池の団体対抗マッチ
昨日、レッドさんから、大会券を受け取りました。

三和へら研の例会で、団体対抗マッチの釣り方や竿の長さを決めたいと思っていたんだけど、例会には優勝したものの大撃沈で、団体対抗マッチのヒントは一切つかめず・・・

でも、何らかの戦略をもって当日を迎えないと三人の足を引っ張っちゃうことになる。
へらぶな釣りの知識はあまりないけど、自分なりに団体対抗マッチの戦略を立てることにするか。

まずは、釣り方

爺は、一日、60センチ前後のタナで浅ダナセットをしていたけど、ウキが動く時間と動かない時間がはっきりしているような感じがする。

師匠を含めて、チョーチンセットをやっている人を見たけど、ウキの動きはいいけど、何か爆発することはないような気がする。

昨日の感じでは、爆発する可能性があるのは、やっぱり浅ダナセットかな・・・

釣り方をどうするかは、もう少し考えることにして

次は、エサ
事前の情報では、抜き系の釣り方では、ブルーギルの餌食になる可能性があるとのことだったが、昨日は、ブルーギルのブの字もなし
と言うことは、抜き系の釣りが良い可能性が少しでもありそうなので、粒子の粗い麩と細かい麩の2種類の用意をしておこうと思います。

とりあえず、後で日の丸釣具に行って、パウダーベイトと新Bを買ってくるかな。

そして、新Bはふるって、荒い麩をとった状態にすっかな。

皆さん、神扇池攻略で何か良い方法を知っている方がいらっしゃいましたら、迷える子羊の爺にお知恵を授けてくださいませ。

三和へら研9月度例会

Published / by へら爺 / 三和へら研9月度例会 への2件のコメント

今日は、三和へら研の例会を行うために幸手市営の神扇池にやって来ました。

今日のメンバーは、師匠、剛ちゃん、大ちゃん、森ちゃん、古っち、爺とゲスト参加してくれたレッドさんの7人で例会を行います。
猛暑の時期は、メンバーの健康を考えて休止していた三和へら研
今月から、本格的に再始動です。

今日の例会は、レッドさんと爺の団体対抗マッチの試釣を兼ねたものなので、東桟橋での釣りとなります。
爺は、来週の団体対抗マッチを睨んで、10尺の浅ダナセットでスタートすることにしました。

■今日のタックル
竿:普天元独歩 10尺
ウキ:扶桑FLASH5番 パイプトップ
ライン:ミチイ1.0号、ハリス上0.6号8cm、下0.5号30cm
ハリ:イザム上7号、下4号
バラケ:粒戦100cc、と、とろスイミー50cc、水200cc、サナギパワー200cc、セットアップ200cc
クワセ:邦ちゃん玉(力玉さなぎ漬け)

東桟橋の向かいのさくら桟橋ではボーバーの大会が開催されていて、団体対抗マッチの状況により近い環境での試釣となりました。

こんだけ人が入っていれば、ウキがなかなか動かないと思っていたけど、3投目くらいからウキが動き始めました。
へらぶな釣りの格言で、『秋は、タナを釣れ』と言う言葉がありますが、今日は、『秋は、ワカタを釣れ』でいた。

何か問題でも!?(爆)

ウキが動くも、ワタカのいたずらのみ・・・
今回も神扇池名物のワタカ釣りになると思ったら、30分後にようやく凸回避

爺の左隣にレッドさんが入っているんだけど、爺と違いレッドさんは男らしくグル宙
爺もグル宙に変えようか迷ったけど、ウキの動きを見ていたらパスッ!(笑)

爺の次に凸を回避したのは、チョーチンセットの名手である師匠
こりゃ、二連覇を狙っているな。(爆)

カラツンと戦いながら、ポツポツと枚数を重ねて行くけど、あまり型が揃わず息切れ状態
他のメンバーを見ると、剛ちゃん、古っち、大ちゃん、森ちゃんと順調に凸回避
そんな中、レッドさんは、グル宙で型が見たいと奮闘中

師匠にまくられそうになりながら、釣果を重ねていき10時20分にツ抜け達成

でも、今日の神扇池は、何かが違うんだよねぇ~
えっ!?
何が違うかって?
ワタカが釣れねぇ~っ!(激爆)

その後、3枚程度、追加をしてランチタイムに突入
みんなで事務所でご飯を食べて午後の釣りをスタート

午後は、竿の長さの確認をするために、仕掛けやエサは変えずに竿を10尺から8尺に変更

午後になり、何か状況が変わると思っていたんだけど、悪い方に状況が変わって、全くウキが動かないんですけど・・・

向かいのさくら桟橋では、ボーバーの大会の決勝戦が行われていました。
誰が優勝すんのかなぁ~

途中、爺の得意技のミチイトブレイクが一回あったけど、12時半にようやくフラシのお替りをしました。

その後は、心が折れそうなくらいの大穴
何をやっても、状況は変わらず・・・

そんな中、一番うれしかったことが、久しぶりに宙釣りをやっていた古っちが、爺にエサのブランドとかを聞きに来て、爺なりのレクチャーをしてあげたんだけど、心配で横を見てみたら、順調に竿を絞っていたので安心しました。

でも、へっぽこ爺は、大穴継続中
残り時間もわずかになり、アガリべらを早く釣りたいと思っていたら、ズバッとウキが消し込んで・・・

ワタカですけど、何か?(激爆)

そうだっ!
釣りの格言を思い出した。
『ワタカ釣りに始まり、ワタカ釣りに終わる。』
だったな。
格言通りの一日だったじゃんっ!(核爆)

と言うことで、三和へら研の例会も無事に終わり、順位発表をしました。

1位 ワタカ釣り師の爺 10.8キロ
2位 ドボンじゃなければ、優勝していた古っち 10キロ(12キロでドボンでした。)
3位 剛ちゃん 9キロ
4位 師匠 8.2キロ
5位 大ちゃん 8キロ
6位 レッドさん 7.8キロ
7位 森ちゃん 5キロ

こんな結果でした。

例会にゲスト参加していただいただけでなく、商品を提供していただいたレッドさん
本当に有難うございました。

来週は、一緒に東桟橋で頑張りましょうね。
ワタカ釣りを・・・

寒い土曜日のスタート

Published / by へら爺 / 寒い土曜日のスタート への2件のコメント

今日から三連休のスタート
しかし、釣行予定は、明日の三和へら研の例会のみ

今週から、一気に気温が下がってきて、会社に出勤するときの服装をどうするか迷うくらい
昨日なんか、半袖か長袖か迷ったんだけど、半袖で出社
しかし、雨降りの金曜日だったので、肌寒さを我慢した一日になっちゃいました。(笑)

昨晩の天気予報では、三連休は気温が高いようなことを言っていたけど、今朝は、あまりの寒さに目が覚めました。
温度計はないけど、多分、20度を切っている感じかな。

そんな寒い朝だけど、朝顔の団十郎が咲いていました。
時期外れなので、あまり綺麗に咲いていないので、写真は割愛します。

雨は、降っていないけど、どんよりとした空模様
今にも雨が降り出しそうだけど、お墓参りが終わるまで持ってくれれば・・・

今日は、親爺様の月命日なので、お墓参りに行って来ます。
その他の時間は、明日の三和へら研の準備で、師匠の仕掛けのリニューアル作業かな

そうだ・・・
最初に三連休と書いたけど、月曜日は休日出勤になるから、普通の土日だった。(爆)

一規作深宙グラスムク

Published / by へら爺 / 一規作深宙グラスムク への2件のコメント

扶桑工房のウキの他に愛用しているのが一規作のウキ

かず君が検査入院から退院した後に依頼していたウキが手元にやって来ました。(少し前に受け取りました。)
注文したのは、深宙用のウキでトップは8ミリのグラスムク

本当は、これから徐々に気温が下がってくるので、チョーチン両ダンゴをするためには浮力の小さいグラスムクが良いと思い工房かずに依頼したんだけど、ここまで一気に気温が下がるとは・・・(爆)
でも、底釣りでも使えそうだから、年間を通じて活躍しそうだね。

初めて、グラスムクのウキを使ったのはリアル師匠との釣行の時で、手元にウキがある時はトップは見やすかったんだけど、ポイントに振込むとトップが見にくかったんで、それ以来、グラスムクのウキは使わなかったんだ。

だけど、かず君のウキと出会ってからは、その概念が見事に吹き飛びまた。

写真を見てもらって分かるようにトップが見やすいんだよね。
いろいろとトップを塗る時のコツを聞いたんだけど、ヘッポコ爺には全く分かりませんでした。
分かったことは、かず君のウキなら、これからもグラスムクを使っても良いかなと言うことかな。

このウキのデビューですが、来月の伊藤さとしカップの時かな。
当然、釣り方は、両グル
宙か底かは、当日の状況次第かな。

間違っても、日曜日の三和へら研の例会と29日の神扇池団体対抗マッチの時には使わないかな。
でも、赤い人が、両グルで使うことを煽って来るかも。(激爆)